体験談1

私は大学を卒業した後、とある銀行で働いていましたが、しかし、カードローンを使いすぎて借金が返しきれなくなり、そのために風俗でバイトをする事に決めました。

セックス自体の経験はあったのですが、それほど人数が多かったわけではないので、人並みのプレイしかできません。しかし、どうしてもお金を返さなくてはならなかったですし、親に借金がバレてしまうのだけはどうにか避けたいと思い、デリヘルで働く事に決めたのです。

私が今住んでいるのは神奈川県の川崎市のはずれですが、しかし、知人や親族に風俗で働いている事がバレルのは嫌だったので、ちょっと家から離れたところで働く事にしました。その結果、お店は新宿のデリヘルになりました。ちょっと電車で通勤するには遠いけれども、親にばれるよりはいいと思いました。

デリヘルの仕事は、最初の頃は行くたびに泣いていましたが、じきに慣れてきました。そんなとき、最悪なお客さんに当たってしまったのです。

そのお客さんはかなり酔っ払っていたと思うのですが、なんと、いきなり本番をされてしまったのです。私は本当にショックで、泣いて店員さんにいいつけました。すぐに来てくれて、お客さんには高額の罰金を請求しました。私はその罰金の半分、10万円ぐらいだったと思いますが、それをもらえました。でも怖くなって、それでバイトをやめてしまいました。稼いだお金は結局、週に4回出て月に20万円ぐらいでした。